一戸建てを購入してからの維持費ってどれくらい?

修繕費ってどれくらい貯めれば良いの?

大体、一年でこのぐらいの積み立てを

前ページでは、皆さんには修繕箇所や金額について理解して頂きました。
ここでは、実際に一戸建てのマイホームに住み続けるにあたって、毎年どの程度の金額を貯蓄、積み立てしていくべきなのか具体的に説明していきたいと思います。

まずは、長い期間で見てみましょう。
大体、皆さんがマイホームを購入してから30年程度住み続けると仮定しますと、30年で約800万円~1000万円程度の修繕費を必要とします。
その他、自分好みのリフォーム等を行うとより一層の貯蓄を必要とします。

それらを考慮すると、大体1年で30万円程度、1ヶ月で2万円~2万5000円程度の積み立てが必要になってくるのです。
途中のリフォーム等を加えると、3万円程度積み立てを行っておくと安心な金額です。

積み立てるのは大きな修繕に

しかし、毎月3万円を養育費などとは別に貯蓄していくというのは、容易なことではありません。
そのため、短い期間で行わなければならない修繕の費用に関しましては通常のお財布から捻出し、あまり積み立てなどと考えずにしましょう。
そして、10年程度の期間で行っていく外装の修復や、壁紙の張替などの費用のかかる修繕に関して積み立てを行っていくことをお勧めいたします。
そうすることで、上記の例ならば毎月の積立額が2万円程度まで下げることが出来ます。

しかし、これらの金額は建物の規模や工事内容により大きく変わってきます。
なので、まずは一度見積もりなどで皆さんのマイホームの修繕費に関して調べてから、計画を立てていきましょう。


この記事をシェアする